バイクカスタムパーツ情報ポータル THE BIKER(ザ・バイカー)

THE BIKER(ザ・バイカー)では、各車種別のオートバイカスタムパーツ情報・改造小ネタ などを掲載しております。皆様の情報で成り立っているサイトですので、情報提供にご 協力くださいませ。バイク改造情報・カスタムパーツ情報ならTHE BIKER(ザ・バイカー)

SUZUKI GSX-400Sカスタム・改造とバラし方・おすすめパーツ

このサイトでは、GSX-400Sのカスタム・GSX-400S用カスタムパーツに関して、ご紹介していきます。
マフラーから大口径キャブレター・足廻りのチューニングパーツまで、GSX-400Sをよりカスタムするために、様々なチューニングパーツを掲載していきます。
GSX-400Sオーナーの方のお役に立てる情報が掲載出来ていれば嬉しいです!


スポンサーリンク

GSX-400S用マフラーリスト

GSX-400S用のマフラーに関して
日本では、各種カスタムファクトリーからGSX-400S用のマフラーが開発されています。
各マフラーごとに、それぞれでパワーカーブ特性は異なります。
楽天市場・Yahooショッピング等のオンラインショッピングサイトのデータから、リアルタイムで更新されるGSX-400S用のマフラー一覧の更新プログラムを作成しました。
GSX-400S用マフラーの新発売・再入荷される度に、自動で更新されます。
GSX-400S用ハイパワーマフラーリスト一覧

現在、中古で購入出来る格安中古マフラーの更新プログラムがこちら。
【中古】GSX-400S用マフラーリスト – 楽天市場

GSX-400S用大口径キャブレターキット

キャブと言えば、FCR、CR、CRS、TM、TMR、PWM、PJ、VMなど様々なものがありますが、
やはり人気なのは、FCRキャブですね。メーカーでいうと、KEIHIN(ケイヒン)・JBパワー・ヨシムラあたりが人気ですね!
セッティングが合えば、レスポンス向上・パワーアップ・燃費向上などが望め、スロットルフィーリングが向上した時の加速の気持ちよさと言ったらないです。笑
メンテナンスの手間がかかりますが、それでも交換したくなってしまうほどの魅力を持っているカスタムポイントです。
GSX-400S用キャブレターリスト
キャブレター交換したいけど、ちょっと高い・・・。
という方にお勧めなのがコチラ。
格安 GSX-400S用中古キャブレターリスト – 楽天市場

GSX-400S用高性能フロントフォーク

軽量高強度な素材を使用したアウターケース・アウターチューブなどのフロントフォークを導入することで、路面追従性・ハードブレーキング時の安定性・コーナリング時の安定性などが向上します。
メーカーでいうと、OHLINS(オーリンズ)・BITUBO(ビチューボ)・NITRO RACING(ナイトロレーシング)あたりが有名ですね。

GSX-400S用フロントフォークリスト

【中古】GSX-400S用フロントフォークリスト – 楽天市場

GSX-400S用高性能リアサスペンション

こちらもフロントフォーク同様、OHLINS(オーリンズ)・BITUBO(ビチューボ)・NITRO RACING(ナイトロレーシング)あたりが人気メーカーとなっています。
足回りのカスタムは、バランスを考慮して、
前後セットでのチューニングが必須です。
フロントフォークを変更するのであれば、それに合わせて、リアサスペンションもチューニングを施しましょう。

GSX-400S用リアサスペンションリスト

【中古】GSX-400S用リアサスペンションリスト – 楽天市場

GSX-400S用HIDバルブ・キット

視認性はもちろん、被視認性を高める事で、より安全にツーリングを楽しみましょう。
大体35WHIDで3300lm(ルーメン)、55WHIDで5500lmと、
通常のハロゲンランプの1000lmと比較すると圧倒的に明るくなります。
HIDランプでより安全なツーリングライフを。
こちらも自動更新されるGSX-400S用のHIDリストを作成しました。
↓からGSX-400S用HIDをチェックしてみてください。
GSX-400S用HIDバルブ・キット一覧

GSX-400S用アルミホイール・マグネシウム鍛造ホイール&タイヤ

GSX-400S用の軽量アルミ・マグネシウムホイール画像リスト
GSX-400S適合のアルミホイールを画像一覧でまとめてみました。
ホイールサイズ間違いなど無いよう、購入前にショップに適合の確認をしましょう!
特に高い買い物ですからね。笑
GSX-400S用アルミホイール画像リスト

GSX-400S用のマグ鍛ホイールをお得に購入する方法

マグネシウム鍛造ホイールと言えば、まずビトーR&Dを思い浮かべるかと思いますが、ビトーR&Dの超軽量マグネシウム鍛造ホイールは、40万円近くもするとても高価なものです。(もはや趣味の領域!笑)
我々一般人に中々手の届かない価格となっています。
そこで、意外とお勧めなのが、中古品です。
バイクの場合、自動車と違って、路肩でこする事も無いため、
リム傷もつきにくいですし、状態の良いホイールが多いです。
(車用の中古アルミホイールの場合、大抵リム傷がついてますよね。笑)
ということで、
GSX-400S用の中古アルミ・マグネシウムホイールまとめてみました。
【中古】GSX-400S用アルミ・マグネシウムホイール画像リスト – 楽天市場

GSX-400S用タイヤについて

ハードにツーリングされる方のハイグリップタイヤ、想像以上に消耗が激しいのではないでしょうか。
DIABLO SUPER CORSA SP・ROSSO CORSA・BTTLAX RACING R10 EVO・SPORTMAX GP Unbeaten-03などのハイグリップタイヤを購入されている方、いつもの購入価格はおいくらでしょうか?
ネット通販の安さに驚く事が多々ありますが、バイク用タイヤも例に漏れず、量販店よりも安いです。
GSX-400S用のタイヤ価格順ランキング

GSX-400Sの整備方法・バラし方について

最後に、このサイトをご覧の多くの方が、既にご存知かもしれませんが、一応ご紹介させて頂きます。
サービスマニュアルや整備書と言ったものをお聞きになった事の無い方は、下記読んでみて頂ければと思います。
オートバイの場合、サービスマニュアル・整備書というものがあり、詳細な設計図や整備方法などのメーカー公式マニュアルが存在し、それらを私たちも入手する事が出来ます。
改造やカスタムのみならず、整備においても強い見方となってくれるものですので、ぜひチェックしてみてほしいと思います。
下記リンクでGSX-400S用の整備書・サービスマニュアルを掲載しています。
GSX-400S用整備書・サービスマニュアル – 楽天市場

SUZUKI GSX-400Sについて

僕は以前400ccのバイクに乗っていたことがある。そのバイクとは好きな方なら一度は聞いたことがあるかもしれない。GSX-400S、通称「カタナ」である。実際に乗っていた期間は1年ちょいくらいのものだが、、免許をとってすぐに購入したこのバイクには未だに愛着が湧いてしまう。
このカタナであるが、読んでの通りまずそのネーミングに引き込まれてしまった。国産のバイクには個人的に思わずひっかかってしまうネーミングがあり、隼やニンジャもそうだ。その中でもカタナは隼やニンジャのようにスピードを直接感じさせる単語ではない。がしかし、切れ味やデザインの無駄の無さ、研ぎ澄まされたイメージを提供することでこちら側に妄想する楽しみを与えてくれるのだ。ちなみに僕は車もバイクも走りさえすればあとはなんでもいいという考え方なので、荷物も積めない400CCのバイクに求めるのは純粋にロマンなのではないかというのが個人的な見解だ。カタナ、なんてロマン溢れるネーミングだろう!(笑)
おいおい、さすがに名前だけで決めることはできないよ!というのが普通の考え方だと思うが筆者も当然そうである。実はネーミングと同じくらい、いやそれ以上に気に入っているのがそのフォルムである。どっちも知ったあとではそのどちらも欠けることが許されない絶妙な関係にあるのだが、まずはその洗練されたボディを見て頂きたい。思わず目を奪われるのが前面に装着されたカウルだ。カタナの名が表す通り切れ味鋭いデザインで、他のバイクとはまるで一線を画している。全体を見通してみてもしっかり存在感がありながらもムダが無く、スキの無いボディに仕上がっている。
もう今は絶版となっており、筆者のバイクも状態が良好であったものの購入時点で13年落ちであった。この入手困難なところもカタナの人気の秘密だろう。排気量は250CC~1100CCまで揃っている。バイクにロマンを求めている方にはぜひカタナという単語に妄想を膨らませせつつ実車を見て頂きたい。

Sponsor Link

Sponsor Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加